ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

若返り効果が得られるスキンケアの方法について

年齢を重ねていきますと、お肌のたるみやシワ・ほうれい線・くすみ・シミといったトラブルに悩まされるようになります。このような老化現象が出てきた場合は、毎日のスキンケアの方法を一度見直したほうがいいかもしれません。

20代前半まではお肌も健康で若々しい状態ですから、油分と水分のバランスを整えるだけでも十分です。オイリー肌であればクリームや乳液などを使用することは控えて、少しさっぱりしたタイプの化粧水や保湿ジェルを使用すれば健康な状態を維持することが出来ます。

反対に乾燥肌に悩んでいるのであれば、保湿効果が高い基礎化粧品を使用するのがベストです。若いうちは保湿を重視することによって大抵の肌トラブルを改善することが出来ますが、加齢に伴ってそれだけでは物足りない状態になっていきます。

若返り効果の高い基礎化粧品に買い替えたほうが悩みも改善しやすいので、是非試していただきたいです。25歳を過ぎるとお肌の曲がり角と言われていますが、ターンオーバーのサイクルが長くなっていくので最初にお肌のくすみに悩むことが多いです。

30代を過ぎますと徐々にたるみ・シワ・ほうれい線が気になり始めるでしょう。さらに薄いシミが出来る年代でもあるので、すでにシミがある場合は美白成分が配合されている基礎化粧品を使用したほうが良いです。

40代以降はさらにシワが深く刻まれたり、たるみやほうれい線もかなり目立つようになります。ハリや弾力が失われることによって、たるみ・ほうれい線は目立ってしまいます。ですから保水性が高いセラミドやハリ:弾力を復活させるプラセンタなど、若返りの効果が期待できる美容成分が入った基礎化粧品を試していただきたいです。

抗酸化作用が高いビタミンC誘導体などが含まれている化粧品も、若返りの効果を得ることが出来ます。自分の肌質や悩みに適した基礎化粧品を選ぶことが出来たら、今度はスキンケアの方法を見直していきます。

まず洗顔ですが、メイク落としには負担が少ないクレンジング剤を使うようにしてみてください。オイルは非常に負担がかかりますので、クレンジングミルクのように負担が少ないものを試すと良いです。

ただそれでも多少の刺激は受けるので、一番良いのは石鹸で洗い落とせる化粧品を使ってメイクをすることです。そうすればクレンジング剤は必要ありませんし、お肌に優しい石鹸を使うだけで洗い落とすことができるのでメリットが大きいです。

目の周りは皮膚が薄いですから、摩擦による刺激を与えないように優しく洗っていただきたいです。全体的に負担がかからないように洗ったら、すぐに化粧水を馴染ませましょう。できれば洗顔して顔を拭いてから30秒以内には化粧水をつけたほうがいいです。

コットンを使用してパッティングする方も多いですが、手のひらでじっくりと馴染ませればお肌に刺激を与えません。お肌の奥まで押し込むようなイメージで、優しく化粧水を浸透させてください。

乳液と保湿クリームは必ずしも両方使わないといけないわけではありませんので、それほど乾燥が酷くないのであればどちらか一つを使っていただきたいです。特に朝はメイクをすることもあるので、乳液と保湿クリームの両方を使用するとメイクがヨレる可能性があります。

油分はあくまでも水分の蒸発を防ぐことが目的なので、適量をお肌に馴染ませるだけで十分です。目元・口元は乾燥しやすいので、部分的にアイクリームや美容液を使用するのも良い方法です。

シミが気になる場合は美白系の美容液、ハリ・弾力が欲しい時はセラミド等が配合された美容液も一緒に使えば若返りの効果が得やすいです。お肌のコラーゲンを増やすと若々しい状態を維持できるようになるので、ビタミンCを摂取しつつタンパク質などをとるような食事をするのも効果的です。

最終更新日

たるみ , 保湿 , 老化 , 若返り効果 , 食生活