ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

若返りメイクのテクニックとポイント

若返りメイクの基本は、老けて見えてしまう目尻や口角のたるみ、ほうれい線やお肌のくすみをベースメイクでうまくコントロールすることです。欠点を隠そうとするとファンデーションを厚塗りしてしまうことになりますので、ファンデーションをナチュラルに薄く塗り老けて見える部位は目立たなくすることがポイントといわれています。

具体的には、化粧下地には、ピンク系のものを使用しすると若返り効果があるのでおすすめです。しかし、透明感を出すことができる青系のピンク下地はお肌がくすんで見えてしまうので避けましょう。

ファンデーションは、薄く塗ることがポイントですが、ほうれい線はコンシーラーを使用して目立たないようにします。テクニックとしては、コンシーラーはファンデーションと同色のものを使いベタ塗りしないで指先でなじませることが大切です。

ベースメイクの仕上げにはお肌の透明感を高めて化粧崩れを防ぐルースパウダーを使いましょう。ベースメイクの仕上がりにより若返り効果を高めるためには、可愛らしさと華やかさを出すチークの使い方がポイントになります。

チークは、使い方によって大人の上品さを出すだけではなく若返り効果を高めるアイテムになりますので必ず使用しましょう。チークは、頬骨のあたりに楕円形にのせるのがポイントで、オレンジ系のカラーを選ぶことが大切です。

頬に丸くのせてしまうと幼くなってしまうだけではなく、頬がたるんで見えてしまいますので気を付けましょう。ベースメイクが完璧でも、目元の印象によっては若返り効果が半減してしまいますので注意が必要です。

目元は、たるみやくすみが出やすい部位で年齢が現れてしまいますのでアイシャドウにはラメ系のものを使ってくすみを解消します。例えば、ゴールド系のアイシャドウをアイホール全体に馴染ませて目のきわに濃い目のブラウンを塗ると引き締まって上品な目元に仕上げることができます。

下まぶたは、目尻から3分の1程度にアイライン程度の太さのブルー系のアイシャドウを引くとたるんだ下まぶたを引き締めることが可能です。残りの下まぶたは、暖色系の明るいベージュのアイシャドウで涙袋を強調すると目元をぱっちりさせてリフトアップ効果を高めることができます。

さらに、下まぶたにひと手間を加えることで目元全体を明るく魅せることができ、清潔感のある上品な印象に仕上げることが可能です。アイラインは、目尻を少しはね上げるようにひくと目元をリフトアップさせて若々しい目元をつくることができるでしょう。

目尻のラインが長すぎると不自然な印象になってしまいますので、目を開けて鏡を見ながら少しずつ足していくように引くと失敗することなく仕上げることができます。ペン先が極細のアイライナーを選ぶと太くならずにキレイに引く事ができますので、リキッドタイプがおすすめです。

眉毛の形にも注意が必要で、眉毛は少し太めで鋭角になるように仕上げることがポイントになります。丸いアーチ状にすると老けてしまいますので、お顔全体を引き締めて若く見せるためには鋭角になるように仕上げます。

眉頭は、アイブロウパウダーなどでふんわりと仕上げて眉頭の高さを左右で揃えることで美しい印象になります。口元も年齢が現れやすい部位ですから、普段から乾燥しないようにリップケアも大切です。

唇は、リキッドタイプのものを使ってみずみずしく仕上げると健康的で若い印象に仕上げることができます。口元もたるみが出やすいため、リップライナーを使って口角が上がって見えるようにラインを引くと良いでしょう。このように、メイクの方法やテクニック次第で若返り効果を高めることができます。

最終更新日

ほうれい線 , アイシャドウ , コンシーラー , チーク , ファンデーション , 若返りメイク