ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

若返りホルモンを増やす方法

“不眠に悩んでいたり、体の不調を感じることが多くなったり、皮膚にシワが目立つようになったら、アンチエイジングを始めるタイミングなのかもしれません。綺麗で若々しくいるためには若返りホルモンが重要であり、これは別名で成長ホルモンを呼ばれるものです。

成長ホルモンには実に様々な作用があり、細胞や体の組織のダメージ修復をして病気へ抵抗力や免疫力を高めることや、栄養素の代謝を促し、血糖値を正常に保つこと、肌の新陳代謝を活発化させて老廃物を取り除くこと、表皮のケラチンを厚くして、コラーゲンを増やすことなどが注目されています。

このように体内で色々な面に作用するものであり、分泌量のピークは20歳あたりだと言われています。ですから、年齢と共に徐々に衰えを感じて様々な部分に不調が現れるのはある意味当然のことであり、減り幅が大きければ大きいほどダメージも大きくなるのが特徴です。

加齢による変化には個人差がありますが、それも体内で分泌されている量が人によって異なるからです。若々しい人は十分な分泌量を引き出せるような生活を送っており、加齢による影響を受けにくくなっています。

日常の中で簡単に増やす方法としておすすめなのが腕立て伏せです。腕立て伏せは普段から行っていないとなかなかできないのですが、効率良く増やす方法ですのでチャレンジしてみましょう。

他にもスクワットは効率的な方法であり、体にそれほど負荷をかけるわけではありませんので、誰でも取り入れやすいといえます。大事なのは行う時間であり、トータルで10分を目指しながら実践していくようにします。

連続で10分ですと大変ですが、間に休みを入れても構いませんので、体力の低下している人でも休み休みであれば楽に実践できる対策です。慣れてくると10分程度なら楽にできますが、続けると大きな変化を実感できますので、続けることが重要です。

日頃だらだらと食べている人は分泌量が減ってしまいますので、注意しなければなりません。お腹が空くまでは食べないという習慣を作れば、自然と成長ホルモンの量が増えて若返りを図ることができます。

空腹状態になると若返り遺伝子であるサーチュイン遺伝子が発動されて、血管を掃除してくれる善玉ホルモンのアディポネクチンが分泌されることも若返りに関係しています。我慢をするのはストレスになりますので限度がありますが、少し食べたいからといって食べてしまっては老化を招く原因になりますので、日頃の食べ方に注意しましょう。

特別なことではありませんが、早寝早起きをすることも大事です。夜10時から翌日の2時までの4時間をしっかりと寝れば、脳からたっぷりと分泌されて若々しさを保てるようになります。毎日忙しく働いていて深夜になってから寝ることが多く、朝も早朝に起きて慢性的な睡眠不足に陥っている人も多いのですが、これは老化を早める大きな要因であり危険です。

朝起きた後には朝日を浴びるのも良いと言われていて、体内時計が正常になるためにスムーズに分泌される環境が整います。
食事面や睡眠などは特別なことではありません。普段から健康的な生活を送れるように意識しながら過ごしている人たちは、既に実行しているかもしれません。

何気ない日常の事柄が今後の老化の度合いを決めてしまうのですから、なるべくリスクとなることは避けることが無難です。

成長ホルモンがたっぷりと分泌されている人は疲れにくくて活き活きと活動できますし、肌のハリや潤いも急激に衰えることはありませんので、ぱっと見た印象はとても若いと感じます。見た目だけでなく健康面にも作用するものですので、地道に努力をしていきましょう。”

最終更新日

アンチエイジング , 成長ホルモン , 早寝早起き , 生活習慣 , 腕立て伏せ , 若返りホルモン