ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

若者の血液を取り入れることで若返りを図る

“いつまでも若々しくありたいと思う人たちは様々なアンチエイジング対策を取り入れており、特に女性たち涙ぐましい努力を続けることも少なくありません。需要が多いためにどんどん新しい方法が出てくるのですが、その中でも最近注目されているのが若者の血液にある作用を自分の体内に活用する方法です。これが若返りの万能薬になるのではないかと期待されており、アメリカでは研究も進んでいるようです。

血液中の血漿と呼ばれる成分にはタンパク質などの化合物が豊富に含まれており、そこから体内の全ての細胞の機能状態を読み取ることができますし、血漿中の成分比率により加齢の具合が分かるとされています。

比率は加齢と共に変わることが研究によって明らかになっていますので、比率を調べるだけでも老化の進行具合が分かるというわけです。これは非常に画期的なことであり、これまでは老化とは言っても目に見える部分から判断することがほとんどでした。

しかし、見た目の印象というのはその時々のコンディションによっても大分変わるものですので、とても曖昧です。血漿成分を調べる方法では、その比率という明確な答えが用意されており、客観的に加齢の度合いを知ることができ、その後の対策にも役立てることができます。

具体的にどのような差が見られるのかというと、若者の血液では細胞の増殖や修復が活発に行われていて、それは増殖や修復を促す化合物が多いためです。高齢になると血液中にこの化合物が少なくなりますので、組織が傷つくことが増えます。若者の血液が持つ若返りの作用が、血漿タンパク質に含まれるある因子であることまでを特定し、それを利用しようという動きのようです。

上手く増殖分化因子を活用できれば人の老化にも優れた効果を発揮し、細胞の損傷も改善できるというのが、この研究の考え方です。細胞が傷つくと様々な病気の原因にもなりますので、疾病を防ぐという意味でも役に立つのではないかと考えられています。

これは机上の空論ではなく、実際にアメリカでは取り入れる人が増えています。クリニックで治療を受けた人たちの中には、実際にアルツハイマーの症状が改善した人もいますので、更に研究が進めばより多くの人にとって身近な対策になるかもしれません。

残念ながら未だ日本ではこの方法は取り入れているところがなく、受けることはできません。しかし、非常に注目されていることは確かですので、近い将来受けられる日が来る可能性もあります。

若者の血液で若返るというと、若い血液をそのまま入れるのではないかと勘違いしてしまいますが、よく調べると若い血液の増殖や修復の働きに着目し、増殖分化因子を体内に入れることで同じような作用が起こらないかという試みであることが分かります。

まだ臨床が足りないという声もありますし、論理的根拠を疑問視する声もあり、導入には慎重な態度を取る人も多いようですが、若者の血液の働きには年老いた人の血液に無い働きがあることは事実です。本当に活用できるのかは別として、これは非常に面白い試みであり、血漿タンパク質に含まれる因子から若返りを図ることができれば、本格的なアンチエイジング対策が行えます。

今後更に詳しい研究が行われて、詳しい内容が明らかになるかも知れません。万が一試す機会があれば、その時はこの治療法の可能性についてきちんと保証してくれるクリニックを選ぶべきであり、治験に登録するのならFDAからこの治療法を研究する許可を受け、治験審査委員会からの承認を得た科学者・団体が運営しているものを選ぶ必要があります。安全性を十分に配慮するのなら、やはり治験が済んで正式に治療法として確立してから利用するのが得策です。”

最終更新日

アンチエイジング , 若返り効果 , 血漿たんぱく質